2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« グリーンリボン | トップページ | 餅つき »

2013年12月20日 (金)

シャント抵抗

世にはすごい人がいたもので。
真似してシャント抵抗を自作してみました。

太い線材がないので、細い線を10本束ねてみました。

Dsc_0448

これで2mΩです。
もう1本作ってシャント抵抗にーーー、と思いましたが。think
やはりバラバラの束ね線では無理がありそうな気がします。
各線を流れる電流値の違いが、発熱に影響して、さらにアンバランスになりそうな。。。。catface

やはりダメですかね。
端子への接続も難しそうだし。

うーん。despair


« グリーンリボン | トップページ | 餅つき »

コメント

はじめまして,kenharuさんのところから参りました,埼玉のあぶと申します。
鳥がご趣味と思ったら,恐竜もなんですね♪確かに恐竜ともつながるところがありそうです。
ワイヤー方式のシャント抵抗を作られたんですね。大電流に関しては自信がありませんが,100A流すと20Wの発熱体になる計算なのでちょっと心配ですよね。10W以下にすると少しは気が楽かと思います。僕は100Aで2Wの消費電力のシャント抵抗を作りました。抵抗自身の消費電力より接続端の接触抵抗の方が気になります。一度端子が溶けるほどの発熱をやらかしちゃいましたので...。
これからもよろしくお願いいたします。

あぶさん
コメントありがとうございます。
鳥は恐竜の生き残りが今の認識のようですね。
恐竜の話の前提に「鳥類を除く」と但し書きがつくようになりました。

1mΩを狙って作ろうと思いましたが、なかなか難しいものですね。
接続する方法も工具がないので圧着もできないし、悩みのたねです。
0.2mΩですか。
どうやって作ったのか気になります。
さすがにその抵抗値になると、接触抵抗の影響が大きいですね。
すごいです。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688462/54305483

この記事へのトラックバック一覧です: シャント抵抗:

« グリーンリボン | トップページ | 餅つき »

フォト

amazon

  • お買い得

楽天

  • おすすめ商品

モラタメ

  • モラタメ
無料ブログはココログ